阿智村 なみあい-namiai-

浪合の四季

浪合の自然風景を写真でお楽しみください。

 天候が変わりやすく、3・4日ごとの周期で雨が降り、時には思いがけぬ粉雪の舞う寒のもどり現象もあります。桜のつぼみもしだいにふくらんで4月20日以降満開になります。この頃から自然は旧ピッチに活動を始め、苗代作りも始まってきます。寒暖の差の大きいのもこの頃の特徴です。晩霜の心配が5月いっぱい続きますが、これを切り抜けると山菜やきのこなど浪合の美味しい季節のはじまりです。

 梅雨前線が北上すると、梅雨も明けて気温も上昇し、本格的な夏になります。内陸性の伊那盆地一帯は、梅雨の上がりがはっきりしているのに、浪合ではあまりはっきりしないことが度々あります。それは、南方から来た湿気の多い気流が恵那山の斜面を上昇し、雷雲が発生しやすく、大粒の雷雨の降ることが多いからです。夏は沢山雨も降りますが青空が美しい晴天が続く日も多いです。新緑にそまっていく山々を眺めながら青空のもと畑仕事に勤しみます。

 虫の声は8月に入るとにぎやかにきこえだし、お盆が終わると涼しい秋風が吹きはじめます。日本晴れのよい天気が続き、稲の刈り取りが終わることには初霜が降りるようになります。初霜は飯田地方より2週間ぐらい早く来ます。もうこの頃にはコタツがほしくなります。紅葉も始まり、蛇峠山の頂上から治部坂高原など浪合のところどころで木々達が秋の色を楽しませてくれます。

 11月には小春日和と安定した穏やかな晴天もありますが、朝夕の冷え込みも一段と強くなります。浪合の冬は厳寒の季節です。11月末には大陸高気圧が発達し、西高東低の冬型の気圧配置になると粉雪が舞い始めます。正月までに2・3回粉雪が舞い、一面真っ白くなり雪の季節になります。夏場は大賑わいだった畑も真っ白になり、あちらこちらで子どもたちが雪遊びを始め、そりをもっては駆け回り雪の上で動物の足跡を見つけます。

写真撮影地:浪合神社、蛇峠山、大川入山、治部坂高原、治部坂高原スキー場、治部坂別荘管理事務所、銀河もみじキャンプ場、宮之原、浪合小学校、なみあい育遊会

写真提供:地域おこし協力隊、浪合地区住民